« ダビドフ100周年 | トップページ | 年内の営業 »

2011年12月17日 (土)

ダビドフ100周年<今更ですが その1>

Img_0525今更なんだ!とお叱りを受けそうですが。

ダビドフ100周年のパーティのお話です。会場であるレストランの入り口でお出迎えしてくれたのは、このグッズたちでした。

これはもちろん見るだけ。ですが。

このレストランは入り口に近いところに個室が二つあり、カウンターとキッチンは奥にあるつくりです。

今回貸切で、個室のひとつをクロークに、そしてもうひとつが会場となっております。

こうなると店というより、どこか海外のお宅にお伺いしているように思えます。

Img_0528席に着きます。

ちょっと緊張します。

ナプキンのリングがダビドフになっています。もちろん、こんなものが売られている訳ありません。京都の旦那さんが手作りされたものです。

Img_0531まずは定番の1本。

でも、仕上げは特別です。

ラッパーの葉脈が透けるような白い肌の女性の指のよう。

触れた感触も極上です。

Img_0533ガマンしきれない、銀座のバーの店主は早速はじめています。

シャンパンで煙をお出迎え。

いいんです!このダビドフの香りは実にエレガント。邪魔をすることもなくシャンパンの弾ける泡の香りも楽しめます。

|

« ダビドフ100周年 | トップページ | 年内の営業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166541/53502941

この記事へのトラックバック一覧です: ダビドフ100周年<今更ですが その1>:

« ダビドフ100周年 | トップページ | 年内の営業 »