« ギムレット | トップページ | めくるめく京都の夜−1− »

2008年2月10日 (日)

ミルロイのボウモア16年

Mil1_2
いや、凄いものがあります。ロンドンのソーホーにある酒販店、ミルロイがセレクトしたボウモア16年です。
ものはカスクなのですが、度数46%は16年にしては低いように思います。年数以上に熟成が進んでいるようです。ボウモアらしい味と香りがあるのですが、それがわざとらしくなく実にエレガントに融合しています。

Tal1_2
ボウモアも凄いですが、それ以上と思われるのがこれです。
ジャンボワイエ社のワンショットシリーズ、タリスカー1992年です。ボトリングは2006年、これもカスクですが度数は43度と低め。だが封切りの一口はしっかりカスクのパンチがありました。濃厚でネットリとしたような舌に優しくまとわりつく感触。みんなで味見をしましたが、あまりの美味しさに一同沈黙してしまいました。
まさに「隕石級」の美味しさです。これはタリスカー好き嫌いに関係なく、一度は飲んでおいて損はないと思いました。

|

« ギムレット | トップページ | めくるめく京都の夜−1− »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166541/40062618

この記事へのトラックバック一覧です: ミルロイのボウモア16年:

« ギムレット | トップページ | めくるめく京都の夜−1− »