« ミルロイのボウモア16年 | トップページ | めくるめく京都の夜−2− »

2008年2月17日 (日)

めくるめく京都の夜−1−

Lamp「もくもくの会」の皆さんと、タバコ屋さん(あえてそう呼ばさせて頂きます)の竹川さんのお招きで、京都へ行って参りました。
事の始まりは去年の秋、竹川さんがLampにいらっしゃったときに、いつもシガーを堪能させて頂いている常連の方々と集いのときを持った折、一度京都にいらしては?とのお話を頂いたことです。
酒と肉とシガーのめくるめく一夜でした。
店主からは「覚悟を決めてくださいね」と。その意味はすぐに分かりましたが。

Rb1京都に着きましたら早々にホテルにチェックインを済ませ、まず直前酒(と食前シガー)に向かった先は、鍵屋町のバー「ローズバンク」さんです。
表はこんな感じです。ちょうど3周年を迎えたところでした。


Rb2バックバーはこんな感じです。カウンターに水が流れています。川の流れのようです。
3周年を記念して流れの中に赤いリボンがアレンジされています。実に印象的です。
 
 

Rb3そして「赤いバラ」
何かを予感させます。
 
 
 
 

Rb4席はカンターのみ、それ以外にロバイナを楽しむための「ロバイナルーム」なるテーブル席が別室としてあります。そして、普通ならテーブル席でもありそうな、カウンター席の背後には大きな生け花があります。
 

Rb5そして食前の一服です。
ロバイナです。でもお楽しみは、シガーとカクテルのマリアージュです。京都では結構この組合せが普通のようです。さて、どんなカクテルを合わせて来ますでしょうか。

|

« ミルロイのボウモア16年 | トップページ | めくるめく京都の夜−2− »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166541/40161758

この記事へのトラックバック一覧です: めくるめく京都の夜−1−:

« ミルロイのボウモア16年 | トップページ | めくるめく京都の夜−2− »