« そう言えばLamp… | トップページ | ニーナ姉妹デビュー! »

2007年7月28日 (土)

驚愕のロバイナ!

先日、翼の会を開いた際にロバイナを頂きました。
実はここ何日か、Lampのヒュミドールがからっぽの状態が続いていました。ですから待ちに待った1本でもあったわけです。私が吸ったもの以外も今回入荷した分はどれも、見ただけで分かる渾身のシガーばかりでした。
何本も居並ぶシガーの中で、特に気になったのがこのロバイナでした。色はすでに褐色を過ぎて、黒光りしているようにも見えます。普通、こんな色では熟成しすぎてスカスカになっていて、吸うには適していないのですが、それはただ者ではない「例の」たばこですから、ちゃんとした葉の張りと油分の光沢、ピンとした捩れのない姿と存在感は十分です。
「きめの細かい」煙(私ではなく、同席したご常連の言葉)は、実にエレガントですっと空間に溶け込んでいきます。素晴らしいという言葉が陳腐に感じられるほどです。今まで持っていたシガーのイメージとは全く別の次元のものであると思います。
自分のもっている常識がそうでないことを思い知らされました。

|

« そう言えばLamp… | トップページ | ニーナ姉妹デビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166541/15925008

この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕のロバイナ!:

« そう言えばLamp… | トップページ | ニーナ姉妹デビュー! »