« 良い天気で | トップページ | 不親切な親切 »

2006年11月 5日 (日)

こだわり

入間の翌日は、Lampで飲んでいました。
Lampはお酒を飲むところですが、ご承知の通り酒だけを売っているわけではありません。ですから、Lampに関係するお店は酒屋さんだけではなく、チョコレート屋さん(適切な表現かは分かりませんが)や肉屋さん(これも適切かどうか不明)、そして、あの葉巻屋など色々な人達が関わっています。この人たちと店主の関係は偶然なのか運命なのか、この世の不思議を感じてしまいます。
店主も含め、そのいずれの人たちも拘りと商売としてのバランスを意識して努力をしている姿が伺われます。肉屋さんが言ってましたが、薫製を作るときでも拘ればチップの種類をいじったりと際限はないと。しかし商売として考えたとき、同じチップを使ってどこまで良いものが作れるか、つまりある制限の中で拘りと葛藤しているということだと私は理解しました。
確かにLampだって金に糸目を付けなければ、いくらでもいい酒を仕入れることが出来るでしょう。でもそうではなくて、決められた範囲内で最大限にいいものを提供しようと努力するところが、店としてBarとしての粋だと私は思います。

|

« 良い天気で | トップページ | 不親切な親切 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166541/12564489

この記事へのトラックバック一覧です: こだわり:

« 良い天気で | トップページ | 不親切な親切 »